ビットコインは誰もがその存在を知っている存在になってきました。しかし、実際にビットコインを使っている方、あるいは使った方はまだごく一部。多くの方はどうしてビットコインを使うのか?をよくわかっていないはずです。
これから徐々にビットコインは私達の生活のなかに普及してくると予想されることもあります。そうだとすると、今のうちからビットコインを理解しておかなければ、ビットコインの世界から取り残されることになりまねません。そうならないためにも今のうちからビットコインの基礎を把握しておくことが大切です。

ビットコインのメリットは様々!

ビットコインが私達の生活にもたらすメリットは様々です。ここでは代表的なメリットに絞って説明していきます。

メリット① 送金手数料の格安化

私達はお金をある銀行から別の銀行に送金する際に、数百円から数千円の手数料を支払っていました。ATMの画面で送金する際に「手数料が発生しますが、よろしいですか?」のような画面を見たことがあるはずです。クレジットカードやデビットカードでの支払いにおいても、一定の手数料を取られています。

ビットコインには銀行のような仲介企業は存在しないので、手数料を払う手数料は限りなく0に近いです。ビットコインにより従来の手数料という仕組みは大きく覆され、新たな決済システムが実現しています。

メリット② 少額取引が可能

従来の銀行送金では多額の手数料を取られるので、少額取引では送金額に対する手数料の負担が大きくなってしまいます。誰も手数料で損したくないので、少額取引を避ける傾向にありました。しかし、生活費など絶対に必要なお金の場合、手数料で損することを承知した上で、送金を行わざる得ないというのが現実です。

ビットコインにおいては手数料が限りなく0に近いので、少額取引をしたとしても手数料損をすることはまずありません。ビットコインでは少額取引のために、「1Satoshi(=0.00000001BTC)」という非常に小さい単位まで用意されています。

メリット③  送金速度が速い

法定通貨で海外送金する場合、時差や銀行の営業時間の関係で、送金の完了までに時間がかかります。しかし、ビットコインの場合、全世界共通のシステムが24時間365日常に動き続けています。ビットコインのシステムの関係で、送金は役1時間で完了するとされています。従来海外への送金に数日かかっていたのに比べると、たった1時間でできるのは非常に便利です。

メリット④ 用途の自由度が高い

ビットコインには仲介役が存在しないので、ビットコインを自由に移動させることができます。そのため、取引所を移動させることや個人間で送金することができるようになっています。私達が普段財布からお金を取り出し誰かに渡すのと同じような感覚で、ビットコインを使うことができます。

メリット⑤ 政府に管理されていない

ビットコインには法定通貨のように中央銀行や政府といった管理役は存在しません。予め決められたプログラムによって運用されているにすぎません。そのため、ビットコインは政府による制約を受けることはありません。日本の円を使っているとなかなか理解できないかもしれないですが、世界には政府が管理する通貨を信頼することが難しい国も存在します。そのような国の国民はビットコインを利用することで、自分の資産を国から守っているのです。

メリット⑥ 為替相場が存在しない

EUなどの例外を除けば、基本的に国が違えば使える法定通貨は異なります。そのため、他の国に移動する場合は、その国の通貨を両替によって確保しなければいけません。両替は手数料や為替相場の変動を考慮しないと、損することになるので、なかなか大変な作業です。

ビットコインは国や政府という単位で管理されていないので、当然、国境はありません。ボーダーフリーです。利用店舗や取引相手がビットコインの使用を認めている限り、両替なんて考える必要はありません。つまり、大変な作業が一つがなくなります。