投資投機の対象として今や「仮想通貨」は無視できない。仮想通貨は乱高下を繰り返しながらもその価値を徐々に高めている最中である 。仮想通貨バブル言われるほど仮想通貨熱が高まっており、これから投資に参加しようという人も少なくないはずだ。しかし、 仮想通貨はよく分かってない人にとってはなかなか投資に踏み切れないだろう。そこで、少しでも仮想通貨を理解してもらうために、ここでは仮想通貨を支える技術について説明していく。

仮想通貨の技術とは

仮想通貨の技術と聞いて、ブロックチェーン技術を思い浮かべる人は多いはず。ブロックチェーン技術とは、仮想通貨の一種であるビットコインとともに開発された技術である。この技術はハッキングなどの攻撃を受けても、極めて安全にシステムを管理できるというメリットがある。これまで一度もシステムトラブルを起こすこと無く、ビットコインの取引を安全に進めてきた実績がある。

多くの仮想通貨の誕生している

2009年から運用しはじめたビットコインに世界が注目するようになると、「仮想通過=ビットコイン」という図式ではなくなりました。これまでにイーサリアム、リップル、Zaifなど多くの仮想通貨が誕生し、その数は数百に上ると言われている。

だたし、誕生したすべての仮想通貨が日本の取引所で取引できるわけではありません。マイナーな仮想通貨はごく一部の取引所でしか取引されていません。なので、インターネット上で仮想通貨の存在が知られていても、まだ日本に上陸していないこともあります。

仮想通貨ごとにブロックチェーン技術は違う?

多くの仮想通貨が誕生していますが、それぞれの仮想通貨がビットコインと全く同じ技術を用いているわけではありません。ビットコインのブロックチェーンを応用する形で、独自のブロックチェーン技術を発展させています。

ビットコインのブロックチェーン技術にはデメリットがあります。よく言われるのが、ブロックの承認プロセスに時間と電力がかかることです。ビットコインでは、一つのブロックを安全に作成するのに、膨大な単純計算を必要としています。そのため、一つのブロックを生成するのに、平均して約10分の時間がかかります。また、多くのパソコンに単純計算をさせるため、膨大な電力を消費します。

ビットコインのブロックチェーンを参考に、改良すべき点は改良をしている仮想通貨もあります。つまり、ビットコインが用いているブロックチェーン技術も、ブロックチェーン技術の一つにすぎないのです。