今話題の「仮想通貨」の波にみなさんは乗れていますか。実際に投資をしてる人はビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨に乗ろうとしている一方で、仮想通貨に投資をしてみたいと思っているけれども全く波に乗れていない人もいるはずです。仮想通貨に対して「怖い」「よくわからない」と思ってしまい、恐怖心が投資を思いとどまらせるのでしょう。ここでは、仮想通貨への投資を始めるための知識を蓄えてもらえるように、仮想通貨について詳しく説明していきます。

仮想通貨とは?

仮想通貨とは、it 技術が発展したことでインターネット上に登場したお金の事です。別名で「暗号通貨」や「デジタル通貨」と呼ばれることもあります。私たちが日常で使っている紙幣や硬貨とは全く異なるお金なので、仮想通貨を紙幣や硬貨のように財布に入れることはできません。

仮想通貨の信頼できるの?

私たちが普段使っている硬貨や紙幣は私達が生まれる前から物と交換するために使われてきました。古くから多くの人が使っているので、その価値を疑ったことはないはずです。

一方で、今話題の仮想通貨というのは非常に歴史が浅いです。仮想通貨が世の中に登場したのは、2009年にビットコインという仮想通貨が運用を開始した時です。ビットコインは、サトシ・ナカモトと名乗る人物による論文で構想が発表され、それが実際に技術的に実現されました。仮想通貨には歴史がほとんどないので、「本当にお金なのか?」「本当に信頼していいの?」と疑問に思うのも仕方がありません。

ではなぜこんなにも歴史が浅い仮想通貨に注目が集まっているのでしょうか?

注目すべきは革新的な技術

仮想通貨の代表とも言える、ビットコインは世の中の常識を覆す技術を使っています。「ブロックチェーン」という新しい技術を採用しているのが大きなポイントです。「ブロックチェーン」を採用することで、管理者がいない体制でお金を管理しています。

「管理者がいないなんてことはありうるのか?」と思うのも当然でしょう。日本のお金「円」を管理しているのは日本銀行ですが、そのような存在がビットコインにはいないということです。ビットコインには管理者がいない代わりに、予め決められたプログラムによって運用されています。

この技術のメリットは、インターネット上での攻撃、いわゆる「ハッキング」の危険性が少ないということです。技術的にインターネット上ではビットコインのシステムを攻撃しにくい構造になっています。その証拠に、ビットコインは運用を開始してから、システムが一度も止まったことがありません。この事実があるから、ビットコインは話題になり、我々の将来を大きく変えてしまうとまで言われているのです。