「ビットコイン」とは仮想通貨の一種。最近注目を集めているので、その存在を知っている人も多いでしょう。しかし、ビットコインがどのように発行されているのかを理解している人はそこまで多くないはずです。そこで、ここではビットコインがどのように発行されているのか簡単に説明していきます。

ブロックチェーンの技術を採用している

ビットコインはブロックチェーンの技術を採用しています。なので、ビットコインの管理は、政府や中央銀行のような管理役が行うわけではなく、予め決められたプログラムが行っています。

予め定められたプログラムでは、鎖状につなぐ1つ1つのブロックの承認の条件が含まれています。正しいと認証されたブロックが見つかると、ビットコインの取引がブロックに書き込まれ、次のブロックの生成が開始するような仕組みとなっています。

では、誰が正しいブロックを見つけているのでしょうか。

マイナー(採掘者)の存在

ブロックチェーンでは管理役が存在しない代わりに、有志で集まった数多くの高性能パソコンによってシステムが運用されています。ビットコインでは有志で集まったハイスペックなパソコンのことを「マイナー(採掘者)」と呼んでおり、ブロックの生成を担ってくれています。(この作業のことを「マイニング(採掘)」と呼んだりします。)

マイナーが行っていることは、大雑把に説明すると、膨大な単純計算を行い、その中から適切な値を見つけること。この値を見つけることは、世界中のビットコイン取引を確定させることにつながるので非常に重要な作業です。

1つのブロックに対して適切な値は1つしかないので、適切な値が見つかると、ブロックが生成されます。ブロックの生成が完了した瞬間に、マイナーは次のブロックの生成にむけて新たな単純計算をスタートさせます。

どうしてマイナーはビットコインの新規発行に関わっているのか?と疑問に思う人もいるでしょう。高性能パソコン自体を用意することに加えて、それを動かすのには電力が必要です。マイニングにはお金がかかることは容易に想像できますからね。

適切な値を見つけたマイナーには報酬がある

マイナーは有志(お金を求めない)でビットコインのブロック生成に参加しているわけではありません。一番早く適切な値を見つけたマイナーに一定量の新規ビットコインが与えられるというプログラムになっており、全てのマイナーがこのインセンティブを獲得することを目指しています。

適切な値を見つけてインセンティブを獲得することは、金や銀のような鉱物を鉱山から掘り当てることに似ていることから、「マイナー(採掘者)」や「マイニング(採掘)」と呼ばれているのです。

誰でもできるマイニングに参加できる

ビットコインの取引は運用開始時から現在のものまですべて公開されています。そのため、ビットコインのマイングにはパソコンさえあれば誰でも参加することができます。つまり、誰でもマイニングによるインセンティブを獲得できるチャンスがあると言えます。

しかし、実際にはマイニングを専業として行っている集団が世界中に存在しており、それらの集団がインセンティブのほとんどを獲得しているとされています。なので、このページを読んでマイニングを始めたくなったとしても、思いとどまったほうが懸命な判断だと言えるでしょう。