ビットコインの価値は上昇しています。これはビットコインに対する信頼が高まっていることとほぼ同じです。しかし、信頼が高まっているとは言え、ビットコインにはリスクもあります。このリスクを意識しないまま、投資を行ってしまうと大きな損をする可能性はあります。なので、ビットコインの投資を始める前に、まずはこのリスクを正しく意識しておくことが大切です。そこで、ここではビットコインのリスクに関して説明していきます。

取引の取り消しはできない

私たちが普段使っている日本円で送金等の取引を行った場合、銀行等の仲介役が存在します。お金の振込先の入力を間違えてしまったため、異なる相手にお金を送ってしまった経験のある方もいるかもしれません。このような状況に陥った場合、非常に焦りますが、仲介役に相談して解決方法を模索するのが一般的でしょう。銀行等の協力により取引を取り消すせる可能性がありますからね。

しかし、ビットコインでは銀行のような仲介役は存在しません。そのため、一度取引行ったら、システムの関係でその取引の取り消しをすることはできません。つまり、もし間違えた取引を行ったとしても、その取引をシステム上では正しいものとして処理されます。間違った取引で損失が生じたとしても、誰もその責任を負ってくれないので、細心の注意をしてください。

交換相場は常に変動する

FXや株の投資と似てように、ビットコインの交換相場は常に変動しています。このような変動幅を利用して利益を上げることもあれば損することもあります。

ビットコインへの投資が他のFXや株の投資と大きく異なるのは、変動の大きさです。ビットコインバブルや仮想通貨バブルと言われるように、ビットコインの価値は長期間のスパンで見れば、大きく膨れ続けていると言えます。しかし、一日で見ると、変動幅は非常に大きく、乱高下を繰り返しています。他の投資に比べて、ビットコインの1日の変動率はそれらの数十倍にも及ぶこともあります。ビットコインへの投資を行う、またはこれから行う人は、ハイリスク・ハイリターンであること承知の上で投資を行って下さい。

取引履歴は公開されている

ビットコインの取引履歴はシステムの関係で全て全世界に公開されています。つまり誰でも簡単にビットコインの取引を見ることができます。

もちろん公開されている取引に「〇〇さん」の取引であるといった個人情報が含まれているわけではありません。なので、基本的には公開されている情報のみで個人を特定することは極めて難しいと言われています。しかし、ビッドコインを犯罪等で利用する可能性があるので、特殊なケースではビットコインの取引で個人を特定するこはできるとされています。

取引所が突然閉鎖する

ビットコインで取引を行うためには取引所と言われる場所で口座を持っている必要があります。「口座」と聞くと、銀行の口座と同じように思ってしまいがちです。しかし、ビットコイン取引所の口座と銀行口座を同じだと認識してはいけません。

銀行が破綻したとしても、預金保障という制度が存在します。この制度のおかげで、ある日銀行が突然破綻になったと、一定額の預金を回収することができます。

一方で、ビットコイン取引所が破綻したとしても、預金保障制度はないので、口座に入っていたビットコインや日本円を一切回収することはできません。

日本のビットコイン史上最大の事件である「マウントゴックス事件」はまさに取引所の閉鎖がもたらした悲劇です。大量のビットコインや円が口座に含まれた状態で、取引所が急に閉鎖したので、当時口座を持っていた人はパニックになりました。