ビットコインは投資・投機の対象としてものすごく注目されています。しかし、ビットコインで実際に何ができるのか?よくわからないままの人もいるのではないでしょうか。そこで、ここではビットコインでできることを3つ挙げて、説明していきます。

①送金が簡単にできる

日本円や米ドルを送金する場合、銀行等の仲介役に送金をお願いしなければなりません。そうすることで安全にお金を送金することができますが、手数料取られたり時間がかかったりするデメリットもあります。

ビットコインの場合、銀行の仲介役を必要とせず、簡単に送金をすることが可能です。しかも送金手数料が非常に安いため少額の送金もOKです。さらに、システムは24時間365日稼働しています。たとえ夜中に送金をしたとしても、次の日の朝には送金は完了しています。

このようにビットコインの送金には費用や時間がかからず、簡単に送金することができます。

送金に関連していますが、ビットコインでは寄付も簡単にできます。これまで日本円などでの寄附では、寄付金がいくつかの仲介役や機関を通して寄附相手に届けられていました。そうすると、仲介役や機関の数だけ手数料が取られ、結果として寄附相手には少額の寄付金しか届かないという問題が起きていました。しかし、これまで説明してきた通り、ビットコインは仲介役の必要としないため、少額の手数料で寄附を届けることができます。

ビットコインで送金や寄附をする場合、相手の口座を間違えないように注意しましょう。ビットコインでは、一度送金してしまった作業をキャンセルすることが基本的にできません。間違った相手に送ったとして、相手側が送金し直してくれる場合を除き、送金額を取り返すことはできません。

②買い物が出来る

ビットコインの使い道として、買い物を忘れてはいけません。ビットコインは通貨として認められているので、ビットコインによる支払いでモノを購入したりサービスを受けたりすることが可能です。すでに世界中で、ビットコインによる決済が利用可能な店舗が存在しています。もちろん日本にも存在します。某大手家電量販店が全店でビットコイン決済を導入した事はニュースとして大きく報じられたので、ご存知の方もいるでしょう。

また、海外で買い物をする際にビットコインで決済可能であれば、日本円からその国の通貨に両替する必要がなくなります。両替では手数料が取られるので、ビットコインで支払えたほうがお得ですよね。

ただし、ビットコイン決済はまだ導入されている店舗が多くないという課題があります。ビットコインの普及に伴い、今後ビットコイン決済は一般的な支払い方法として認識される可能性はあるでしょう。

③投資ができる

ビットコインゲットで投資ができる事は多くの人が知ってるでしょう。「1ビットコイン〇〇円」と固定されているわけではなく、ビットコインと法定通貨(日本円や米ドルなど)との交換相場は常に変動しております。

時々刻々と変化する交換相場を利用して利益を得ることができます。しかし、当然ながら投資には失敗するリスクもつきものです。いくら右肩上がりにビットコインの価値が延びているとは言え、大きく価値を下げることもあるので、慎重に投資するのがいいでしょう。

もしビットコインの投資を行いたくなった場合は、ビットコインの取引所で口座を開設する必要があります。日本には、ビットフライヤーやコインキャッシュなどいくつか取引所があるので、どこで口座開設するのかをまず決めましょう。各取引所が定める所定の手続きを行った上で、ビットコインの投資に参加することができます。